やっぱプリキュアはこうじゃなくっちゃ

今週でヤマザキ春のパン祭りが終わるので二回目のシール集めを急がねばならない。

スマイルプリキュア!の時はヤマザキでプリキュアパンを出していたが、ドキプリから第一パンに変わったんだよね。

それは置いといて、キラキラ☆プリキュアアラモードがようやく面白い展開になってきた。

今まではガミーが出て来て「キラキラルをよこせ~」だけだったから話が平坦になっていて、面白い内容じゃなかったんだな。

第12話「敵は…モテモテ転校生!?」でようやく敵キャラが出て来て話が盛り上がってきた。

20170423kira

何だろう?この男塾的な構図は。

女生徒で「おっ」って思ったが今まで出ていた声優さんでした。

黒樹リオが怪しいとにらむゆかり様。

読みかたでジュリオとなるわけだが、どうも某は黒樹リオを夏樹リオと間違えてしまう。

20170423kira2

でさ、黒樹リオは神楽坂りさからキラキラルを奪うんだけど、思いっきり顔を見られているのはどうするんだろう。

記憶が無くなっているようになるのかな。

記憶が残っていたら、「リオ君が私に黒光りする堅い物を見せつけるんです」(笑)ってなりそうだからな。

20170423kira3

ちょっと感じた事なんだけど、ジュリオがキラキラルを人の体から取り出すのって、セーラームーンのアレに似てね?

そう感じたのは某だけかな。

それと徒手空拳は封印したけど剣戟はやるんだな。

20170423kira4

やっぱ、プリキュアは格闘が無ければいけないなと再認識した12話でした。

pixiv事典でジュリオは実は女の子で追加戦士かもと言う記述があるけど・・・どうかなぁ。

それでジュリオの中の人の皆川純子さんなんだがデジモンクロスウォーズでリボルモンで出ていたようなんだけど、その時のキャプ画像が無い。

殆どがネネ様とアカリのキャプばかりだったという。

| | コメント (0)

あまりショックは無い

レヴォーヴのタイヤ交換をするときにリアフェンダーに小石が当たって塗装がはがれたようになっているのに気が付いた。

洗車した時には無かった傷だから、多分ここ2週間のうちにできた傷であろう。

イエローハットの板金塗装メニューだと、これくらいの傷はおおよそ2万円位かな?

20年以上前に初代インプレッサを石でちょっとこすった時は3万円以下だった覚えがあるから、今も値段はそんなもんだろう。

あ~、予想外のまた出費だな。

問題は塗装とマニキュアコートが同時にできるかと言う事なんだが、塗料が乾くのを待つことになるから無理かなぁ。

大事に乗っていても予想外の傷はどうしてもできてしまうからしょうがないか。

さて、何処に修理を出そうか?スバルで良いかな。

タイヤ交換の後はタロを連れて八幡原公園に散歩に出かける。

さくらはそろそろ終わりかな。

それでも花見客が遠くからカーナンバーを見ると湘南、足立区から来ていたようだ。

でも、おそらくは信大の大学生の可能性が高いかも。

デジモンユニバースアプリモンスターズ

今回のゲストキャラの中の人は東山奈央ちゃんと森久保正太郎。

そう言えば東山奈央ちゃんはGO!プリンセスプリキュアでパフと言う要請をやっていたなぁ。

プリキュア妖精声優がまた一人。

20170422apmon

森久保正太郎と言えば、先日のアニゲラディデゥーン!!!で物まねが流行っていたなぁ。

20170422apmon2

ここでこの二人の声優を使う意味が分からないが、テコ入れなのかな?

であるならば、パクリのアプリを持つパクモンと言うのを出して、中の人は中村繪里子と言うのはどうだろう?

先週放送分のおどろき戦隊モモノキファイブを聴いていないとわからないネタだな。

不動産屋のメジャーを中村繪里子がポケットに入れてしまいそのままパクッたと言う話しで、日笠陽子にトンデモねぇパクリ野郎だよと言われたアレ。

それでそのメジャーは不動産屋は返さなくてもいいと言われたが、後日中村繪里子の家族がやってきたときにそのパクられたメジャーをさらに家族がパクッて行くという、どういう精神構造の家なんだ?と言う話し。

日笠陽子も理解不能と言っていたが、某も理解不能だこの中村一族。

そう言うお話し。

アプモンは・・・弟探しの話しはどこ行った?

| | コメント (0)

大盛りに感じますが

今期もファンタジー系アニメが多い中で、「すかすか」はハズレかもしれないなと感じているところにもしかしてこっちは当たりかもと思っているのが「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」と言うアニメ。

これもタイトルの漢字が痛い読みかたをするアニメで、禁忌教典と書いて「アカシックレコード」と読ませるようだ。

「アカシックレコード」と言う言葉自体はググると出てくる言葉なので、そう言う意味でタイトルにこの文字を入れているかどうかは、よくわからない。

それでこの「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」は、結構と言うかかなり今まで売れていた漫画やラノベやアニメの売れ線を混ぜ込んでいる感じがする。

20170421roku

主人公のグレンという男性は相手の魔術を無力化する能力と言うか魔法を持っているが、これは言うまでも無く、あのマンガとあのラノベの要素を混ぜているなと。

更にこの主人公は「正義の魔法追加いになりたかった」と言うが、もしかして月型のアレですか?

しかも優秀な魔術師殺しだったとかの辺りはどう考えても月型のアレですな。

しかもこの主人公の師匠が不死の魔術師と来た日には・・・お前あのメガネキャラの師匠と同じ立ち位置かよ!と感じなくもない。

第三話の敵キャラが剣を浮かして戦うのも月型の某キャラを連想させるし。

そして実は廃棄王女だったという設定の女の子キャラまでいる。

20170421roku2

スクラップド・プリンセスと言うラノベが昔あってな、とツッコもうとしたら、同じファンタジア文庫でした。

昔は富士見ファンタジア文庫だったのが今はカドカワファンタジア文庫になっているけど。

金髪・碧眼の辺りもまともに狙っているな~と。

それにしてもこの魔法学校の制服は痴女でも養成しているのか?と疑いたくなるような制服だな。

20170421roku3

第一話で主人公のクソっぷりを見て、あ~ダメダメな主人公だが実はやるときはやる奴系かな?と思ったら、第二話で実は凄腕でしたという。

第二話で魔術詠唱は簡略化できるという事を生徒に教えたりとかして、実は呪文を唱えなくても魔術を起動させることができるのではないかと感じさせたりさせなかったり。

次の話しで三人目の女生徒が登場するみたいなんだが、多分・・・ルミアと言う廃棄王女を中心に話が進むような気がする。

20170421roku4

かなり某の好みのキャラです。

中の人は宮本侑芽ちゃんと言う女優さんで声優もしているというなかなかの働きっぷり。

とりあえず今のところラノベ系アニメで最後まで見て見ようかなと思っているのはこのアニメだけかな。

それにしても売れ要素を盛り過ぎじゃね?

| | コメント (0)

どう見ても故小渕さんに見えてしまう件

正解するカド

なんとなく全部見てしまうCGアニメ。

20170420kado

なんだかわからないが、最後まで見てしまう不思議なアニメだ。

第二話は第一話みたいに戦車が発砲するとか謎の人物現ると言う事は無く、第一話後の日本と第一話の話しの中で真道とヤハクィザシュニナが初コンタクトをする話となっている。

目立ったアクションなどは無く、ほとんど会話で話が進んで行くという感じなのに観てしまっている。

う~ん、これは普通の手描きアニメだったらただ退屈な内容になる気がしないでもないが、観てしまうというのはCGアニメだからだろうか。

謎がまだ解き明かされていないという謎解きの導入部分だからかな。

なんとなく、長井健の理不尽漫画に通じるところがあるような無いような・・・無いな気のせいだ。

それとドラマだったら、ちょっと観る気はしないだろうがCGアニメだから観れるのだろう。

それにこの犬塚総理の人、なんか故小渕総理に似ている感じがしないか?

20170420kado2

写真で比べると似ているようで似ていないが、髪型と眉毛が小渕総理風な感じがする。

それとこの内閣官房長官の人、石破さんに似てない?

20170420kado3

髪型と眉毛の当たりとかその辺りの雰囲気とか。

そして第二話で第二の主人公登場。

20170420kado4

やっと登場人物が揃ったがカドの目的とかがまだ分からない。

ヤハクィザシュニナの話しによると、カドから飛行機及び搭乗客を分離するには約30日が必要と言う事だ。

と言う事はカドと飛行機は同化してしまっているという事か?

でも、生命維持には食料が必要と言う事は同化していないのか?

この辺りも謎だな。

20170420kado5

今から34年前に放送されたアメリカのTVドラマ「ビジター」みたいな内容なのかな?と思ったが、どうも違うようだ。

とりあえず、某はくぎゅうボイスを楽しむアニメと言う位置づけにしておこう。

20170420kado6

今朝の待機時間中にTwitterで遊んだヤツ。

一時期流行った名前メーカーだ。

これって、名前をアルファベットで入力すると悪魔になって、名前を漢字でしかも名字と名前を付けて入力すると天使になるというイミフな物だった。

ただ言えるのは、悪の大魔王って某だけじゃなかったのかよ!大魔王多すぎだろ。

不満点はそこかよ。

| | コメント (0)

安定の夏目2

夏目友人帳睦

アニメ6期になって、やはり妖の名前を返さないパターンになってきたと感じる。

20170419natume

返してばかりだと、どんだけ分厚いんだよ友人帳と言う事にもなりかねないけどな。

6期2話は石が吸収した悪い気を浄化する妖の物語。

登場早々に夏目を驚かすというお茶目な面を持っている妖だ。

20170419natume2

どんな話かと言うと、石洗いと言う妖が弟子を探しに人里に下りてくる話し。

その弟子は祓い屋に封印されて石の汚れを受けてしまい、石洗いを二度とできなくなってしまっているという、何とも悲しいお話し。

でも、その事を知りつつも弟子のアズマを探すナナマキ。

20170419natume3

ふじまの郷という場所に変えれないのであれば、それに代わる美しい場所を探してそこで暮らそうというナナマキ。

なんだか暗い終わり方だな、と言う印象。

次回の6期3話に出てくる、柴田が好きになった妖の村崎の3期3話「偽りの友人」みたいにハッピーエンドなのかバッドエンドなのかよく分らないオチとなっている話しだ。

中の人の話をすると、ナナマキと名取幸政さん、アズマを山本和臣君。

20170419natume4

誰だろうとググってみると名取さんは舞台役者で山本君は出ているアニメ見たことが無い人だった。

相変わらず面白いところから中の人を引っ張ってくるアニメだなと。

夏目友人帳はもうアニメの雰囲気が出来ているからそれを壊さなければ、夏目友人帳だなとみる事は出来る感じ。

その辺りが前作の続編と言う立入に有るアニメの強みかもしれない。

昨日のTwitterで声優の本多真梨子ちゃんがお店で竹達に間違われたというTwitterを挙げた。

そうしたら、昨日の夜遅くにはニュース速報になっているのな。

ま~、ニュー速になっていればもさ子の名前を知る人が増えるし、良い事かもしれないが速報にするほどの事か?とも。

ネットライターって間違いが無ければ一文字1円かそれ以下で記事を書いているはず。

100文字なら100円の報酬、500文字なら500円の報酬。

ただネットライターは間違った事を書いても削除できるという特権(笑)があるから取材をしなくても、TVの感想だとか他人のTwitterとかなんでも記事にするというのがなんだかなぁ。

4月から始まったラジオの新番組に「須田慎一郎のニュースアウトサイダー」と言うのがある。

先日4月16日放送分を聴いて、豊洲と森友の話しがかなり整理されていてよく理解できた。

豊洲に関していうと、確かに豊洲の風評をばらまいているのは小池知事だなと同感すると同時に、小池さんってこの先を豊洲をどうしたいのか全く道を示さないねとも感じた。騒いでいるだけ騒いで誰かを悪者にして人気取りと言う感じだ。

残念ながら「須田慎一郎のニュースアウトサイダー」はこの先3週はプロ野球中継で放送が無く次の放送は5月に入ってからだそうだ。

おのれディケイド・・・じゃなくてプロ野球中継。

| | コメント (0)

«初見の人にはわけわかめかも