« 閣下と言うよりキングボンビー | トップページ | タロ漫画 »

北斗の拳とおねてぃと

長い一週間が終わりました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

明日は休みだから、清酒みずほで晩酌をする。

清酒みずほと言うのは、聖地木崎湖付近の酒蔵で作った知る人ぞ知る銘酒?だ(笑)

結構前の日記に書いたが、買うのに苦労したお酒だ。しかし、お酒が傷んで飲めなくなっては杜氏さんに申し訳ないと思い飲みました。今は杜氏と言わないで製造部長なんて呼ぶらしいけど・・・ホントか?

アニメおねがいティーチャーの舞台となったのが長野県木崎湖だったので、木崎湖が聖地になった訳だ。

聖地の酒蔵製なのだ~。

今日、東映から20年以上前に劇場公開された北斗の拳のDVDが届きました。

レーザーディスク(以下LD)は持っているんだけどなかなかDVDが出なくてどうしたんだろう?って思っていたんだよね。


某の見立てでは、いまま作られている北斗の拳よりもこっちの方が迫力があって面白いと感じる。

最近作られた北斗の拳はアニメの絵の線が整理されているけど、演出かな~ぁ?見て居て辛いんだよね。

最近作られたアニメの方が原作の絵に近いんだけど、キャラの動きに迫力が全くない。

この辺りは演出家(監督)の芦田豊雄氏の力量によるものなのだろうな。

劇場版北斗の拳のLDが出た時に買って映像を見たら、劇場のラストと違うんだよね。昔、アニメックと言うアニメマニア向けのアニメ誌が有って、批評に「君は北斗の拳王を見たか!!」なんて書かれるほど拳王寄りの内容だったのを覚えている。

何しろ、ラストは拳王がケンシロウに勝ってしまうのがオリジナルだったし。

にほんブログ村 コレクションブログへ

そのラストが初回限定版にマルチエンディングとして入っているそうだ。

これは買うしかないでしょう。
さてとしばらくはこのDVDを見る生活が続くな。

|

« 閣下と言うよりキングボンビー | トップページ | タロ漫画 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

他にもみるDVDはあるでしょ
夜中に音量をさげてみるやつが!

投稿: キングマンボ | 2008年11月21日 (金) 22時26分

新作の北斗の拳は声優に賛否両論あることは聞いてたけど(特にラオウ)、原作に絵柄は近いから、そこそこのクオリティだと思ったんだけどね。
動きに迫力がないんじゃ、そりゃちょっと。。。ねえ┐(´д`)┌
テレビアニメは大学時代によく見てたなぁ。当時はジャンプの黄金時代だったし、楽しみにしてた連載がいっぱいあったしねぇ。

それから見れば、今は・・・。

投稿: 名無しさん | 2008年11月22日 (土) 00時09分

キングマンボさん。参
夜中に音量を下げてみるDVDとな?
ん~、何の事かな?
(アミバのマネ)

投稿: 某 | 2008年11月22日 (土) 06時44分

名無しさん。
昔あったね、ジャンプの黄金期がさ。
発行部数が500万部行ったんだっけ?
この間、アニメのブリーチを見たが・・・つまらなかった。人気があるために編集側の都合で連載を終了することができない。そんな漫画ばかりになったんだろうな。


時に某の日記を引用して評判を上げているそうじゃないかね?

投稿: 某 | 2008年11月22日 (土) 06時51分

著作権を主張して訴えないように・・・( ̄▽ ̄)。きちんと引用元を示せば問題はないんだからね。

投稿: 名無しさん | 2008年11月23日 (日) 00時32分

では、某の示した道を通るように。
はじめはきついが慣れてくるとさらに上を歩きたくなる。
つらくなったら、空を見ろ。決して地面を見るな。

ま~。
あの後の事だけどな。チーム会議で選択定年制を申請した係長が、「もう営業をやる気が無い、出来たら休職願を出してこのまま休みたい」なんて抜かしやがった。
はっきり言って、こいつを昇格させた篠ノ井の支店長に任命責任を問いたい。
それに某がリーダーだったら、佐久の支店長を交えて面談し、定年退職ではなく、諭旨解雇にするぞ。
まぁ、それはやらないだろうな、某のリーダーはY係長と同レベルだし、オッノーが退職されるのが怖くてキャンペーンをやれと最後まで言えなかったからな。

投稿: 某 | 2008年11月23日 (日) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216536/43183687

この記事へのトラックバック一覧です: 北斗の拳とおねてぃと:

« 閣下と言うよりキングボンビー | トップページ | タロ漫画 »