« 館長 | トップページ | 環境ヒーロー? »

ゴーレムは強敵と書いて友と読む?

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゲゲゲの鬼太郎5期。

Degutineko第87話 「巨人! ゴーレムの涙」

今日の作画監督は出口氏。

まぁ、前回の寝太りは少し残念だったが、出口氏の描く猫娘は顔があっさりしているので隠れたファンがいると言う話だ。まつ毛が少ないからかな?

Gormnuri 今日の登場妖怪は西洋妖怪のゴーレム。

ぬりかべがお歯黒べったりの銭湯を補修した後に、ぬりかべの子供たちに連れられて海岸に行って見たものは、壊れかけ(死にかけ?)のゴーレムであった。

当然戦いはじめる両者。なぜこんなところにゴーレムが?と言う話から始まる鬼太郎であった。

D3 その頃、西洋妖怪のニュージェネレーション(笑)のドラキュラ3世は父親の2世とステッキでの戦い方(杖術?)の特訓をしていた。

なんか知らないが、ドラキュラ3世はヤオイ関係に人気があるらしい。

なんか話によると”受け”だとか・・・sweat02すみません、そっち方面は詳しくないのでsweat02

Uruf2

横でドラキュラ3世の特訓を見ながら「うちのバカ息子もあのくらいやってくれればな」とぼやく先代狼男。

それは無理です。

ホモだから。

7kaka ヨナルデパズトーリのたくらみはゴーレムを使って鬼太郎を倒すことだった。

秘密兵器って炎の七日間か?

Za1 ドラキュラ3世の様子を見に来るザンビア。

う~ん、出口氏の描くザンビアちゃんか。

サービス回の予感が・・・。

Za4 ザンビア狼男ワイルドに対して「あんた、変態なだけじゃなくて本物のバカなの」エヴァのアスカ「あんた、バカ?」を彷彿とさせるようだ。

ま~、そうこうして言ううちにぬりかべはゴーレムを補修していたりゴーレムと分かり合えつつあったりするのだが、ここでオープニング。

おおよそ9時7分でオープニングか、もうオープニング無くても良いような気がして来た。

それはさておき、ゴーレムを治療中の事は鬼太郎に筒抜けの事を知らないぬりかべ。

治療しながらゴーレムの胸に知らない文字がある事に気が付くぬりかべ。これが今回の複線になるのだ。

もう12月なのにビキニ姿で視聴者サービスをするザンビアちゃん。

ザンビアちゃん、結構胸あるのね。

Oyaj なんか一部のファンが残念に思っているようだが魔法で胸を増量していると言う噂が。

西洋妖怪の今回の作戦はゴーレムに魔火をとりつかせてゴーレムの意思を奪う事であった。

Go1 目玉のおやじ博学。そうか、某もゴーレムに会う事があったら役立てよう。

ゴーレム「もし、俺が暴れたら俺でなくなったら、壊してでも止めてくれ・・・約束だ」

ぬりかべ「わかった」

泣ける展開じゃないかsign03。パターンとも言うが。

Za5 ゴーレムの無敵に近い体に魔火が乗り移り一体化してしまった。もはやゴーレムを壊すしかない。

ぬりかべ「弱点って何だ?」

ゴーレムの弱点の場所を知っているぬりかべ。しかし、攻撃できない。だがゴーレムとの約束を思い出した。

「友達の俺が倒す」

Osioki 燃える展開だ。

最後はお仕置きタイム?だったのかな?

今回の出口氏の鬼太郎は前よりクオリティーが高かった気がする。

Aoi 前回のあの出来で釘ファンからおしかりの手紙が東映に届いたのか?

最後に劇場版葵ちゃん。

今年の名前付けランキング女の子篇で葵と言う名前がトップだったね。

A95259bf 男の子は仮面ライダー電王が元なのか3位が悠斗だったけど。

なんか女の子の名前はアニメとかエロ・・・もといギャルゲー関係の名前が多かったな。

偶然じゃないだろうな。

あっ今日の9時からアニマックスで劇場版鬼太郎があるから予約しなくちゃ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 館長 | トップページ | 環境ヒーロー? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

今回はビキニ姉ちゃんがでてきてよかったね
へんなことしないでね

投稿: ブエナビスタ | 2008年12月14日 (日) 18時47分

姉ちゃんってsweat02
ザンビアは幼女だから胸があって問題なんだけど、魔女だしね。
魔女っ子?かな?

ふたつの胸の~♪

投稿: 某 | 2008年12月14日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216536/43417529

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーレムは強敵と書いて友と読む?:

« 館長 | トップページ | 環境ヒーロー? »