« ブラックサンダーブームなのか。 | トップページ | 恐るべきキタエリ »

バトルシーンあってのプリキュアです。

残りあと2話!

第48話「最終決戦!キュアエンジェル誕生!!」の感想です。

今回のプリキュアは、話しの流れが唐突でも演出と原画が良ければ神回となりえる回でした。

今回は絵コンテが志田さんで演出が志田さんで原画も志田さん。②ちゃんのスレで働き過ぎでマジでやばいとのあったが。大丈夫か?

今回の見どころは何と言ってもBパートから(一部Aパート)のバトルシーンでしょう。20100117fp48

このプリキュア・ラブサンシャインやプリキュア・エスポワールシャワー及びプリキュア・ヒーリングプレアーのゼロ距離射撃は面白かった。

プリキュア対イース戦でもゼロ距離射撃をやったよね。ゼロ距離射撃はフレプリの必勝の攻撃パターンになったみたいな気がする良い感じ。

ラビリンスの住人が管理体制からどう逃れたかはほっておいて、なに?このフリーザ様よろしくの変身?20100117fp481 クラインは人間じゃないの?

そして見せます正拳突き!だよなこれ?20100117fp482

パッションの掌底ガードごと吹き飛ばすクライン。

そしてフリーザ様のような変身かと思ったら、合体ナメック星人でした。20100117fp483

しかもノーザさんが上位の存在。いや、ピッコロさんとネイルさんの様なものかと・・・。

20100117fp484

やはり合体ラビリンス人も強かった。20100117205242

そして出るラブのオラオラパンチ。

いや、なんとなく。

先週のフレッシュプリキュア!がウソのようだ。

タイトなスケジュールで作られているアニメだからな。おまけに劇場版に人手を割かれているし。

いつものごとく話がそれた。

なかなか倒せないノーザ&クラインに再度ゼロ距離射撃を行うところも面白い。20100117fp485

敵顔面正面からのプリキュア・ラブサンシャイン・フレッシュ!うわぁ~、プリキュア本来の格闘アニメに戻っている。ラビリンスに来るまでのぬるい展開が嘘のようだ。

これらの攻撃でも倒れないノーザ&クラインに逆に倒されてしまうプリキュア達。20100117fp486 ここでの止め絵演出は懐かしいな~、ちょっと少し前に東映の劇場アニメCLANNADの監督をした方が多用した技法だよ。

そして倒されたプリキュアの前に現れたのはデリート空間で漂白された西さんと南だった。20100117fp487

なんで白いのかは気にしないでおこう。黒から白に変わった方が子どもたちにはわかりやすいのかもしれない。それか誰かの影響?

そしてプリキュアなら見せます元気玉。

20100117fp488

そしてキュアエンジェルになって来週に引きでした。

そしてエンドカード。20100117fp489

こ、この構えはゴールド聖闘士アクエリアスのカミュが使うオーロラエクスキューションではないか。

来週もバトルなのだな。良い事だ。

「アニメは動きだよ、兄貴(ドズル談)」

|

« ブラックサンダーブームなのか。 | トップページ | 恐るべきキタエリ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216536/47319822

この記事へのトラックバック一覧です: バトルシーンあってのプリキュアです。:

« ブラックサンダーブームなのか。 | トップページ | 恐るべきキタエリ »