« 飲み会があった訳だが | トップページ | 設定資料集発売中です。 »

ゲゲゲの女房、いよいよテレビくん誕生。

今日のゲゲゲの女房は物語が速い速度で進みましたね。

今週は流れが速いから眼が離せませんね。

テレビよりも面白い漫画を書けと玄雄社から依頼を受けた村井さんに漫画の神様が舞い降りるシーン。20100713nhk 漫画の神様?

それを知らない人はコミックマスターJを読もう。20100713nhk2 しかし、この手のネタは大抵藤子不二雄が描いていそうな気がするんだけど、20100713nhk3 それよりも早く水木先生は描いていたんだよね。

全く驚きである。

ゲゲゲの女房のエッセイでは当初から水木先生はテレビくんを丸っこいキャラで行こうと考えていて、そのために自分の絵をかなり苦労して変えられたとか。20100713nhk4某の知っている漫画でも漫画家が自分の絵を変えた漫画を読んだことがあるが得てしてつまらない。

ところが水木先生は違う。さらに面白いと言うか一般受けする漫画を描くようになる。

その手の漫画家との違う点は自分の作風の持ち味を捨ててしまったか捨てていないかの違いなのだろうな。

なにしろ、これが20100713nhk5 この絵に変わるのだからな。Dscn2830流行りの画風に合わせるのでなく、自分の作品を伝えるために自分で気が付き変えたのだ。

やはり、水木先生は偉大だな。

アレンジの仕方では萌えと怖い部分が共存している鬼太郎5期も生まれる訳だ。201007135ki9wa このゲゲゲの鬼太郎5期の9話は鬼太郎の幽霊電車の現代版。

面白いので知らない人はレンタルして観よう。

そしてその話しの萌え部分。201007135ki9wa2 ラーメン店でバイトをするネコ娘。

いや、別に昨日のラーメン日記のつながりで今日の日記になった訳じゃないぞ。

ちゃんとゲゲゲの女房でラーメン出てきているし。

最後に一言。

NHKは皆さんの受信料で作られています。

でも、まりがりの再放送が多いのはかんべんな。(笑)

|

« 飲み会があった訳だが | トップページ | 設定資料集発売中です。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216536/48870799

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房、いよいよテレビくん誕生。:

« 飲み会があった訳だが | トップページ | 設定資料集発売中です。 »