« 探検ドリランド -1000年の真宝- | トップページ | 春 »

聖闘士星矢Ω二期第一話

聖闘士星矢Ωの2期が始まった。

OPのカットが使い回しばかりなのが気になるが新カットにパラドクスさんがいた。

20130407omega1

OP終わって沙織さんが見た夢の中でもこのカットが出てきたという事は、ショタコンのパラドクスさんは生きているんだよなぁ。

なのに貴鬼はジェミニの聖闘士もいなくなった、と言っている。

20130407omega2

え~?

何?

どういう事?

それはさておき、新シリーズの聖闘士星矢Ωではキャラクターデザインが市川慶一氏になって、絵柄が第一作にかなり近づいたよね。

20130407omega3

今回から登場の新キャラクターの中の人は鋼鉄聖闘士昴に水島裕で女神パラスに鶴ひろみ。意味も無く声優が豪華だなぁ、第一作の白銀聖闘士のリザドと青銅聖闘士のジュネですよ。まぁ、このアニメ枠は青二分だからな。

↑のカットで星矢はパラスを殺すことができないで一級パラサイトにパラスを持って行かれてしまうんだよな。

なんか・・・人選ミスだよね。と言っても適任の蟹はすでにいないか。

新シリーズでは聖衣も元のボックス収納型に戻った。

20130407omega4

あの結晶のペンダント型は久作ファンにあまり評判がよろしくなかったからな。

来週の聖闘士星矢Ωはシャイナさんが出るぞ。

第二期の第一話にあたる通算第52話 「新たな聖衣!翔べ、新生ペガサス!」の感想は、新シリーズにあたっての登場人物紹介と現在の状況の説明がうまくいっていたと感じました。

それと作画監督とは別に総作画監督を入れるようになったんだね。

20130407omega5

作画のばらつきが減るのは良い事だ。

にしても聖闘士星矢Ωのスポンサーに東映アニメーション自身がなっていることに驚いた。

ここのところの劇場版アニメのヒットが続いているからな、ドラゴンボールは上映6日で動員数が100万人を超えたんだってね。

アニメ映画「DRAGONBALL Z 神と神」(細田雅弘監督)が4日、13年公開の映画では最速の公開6日目での動員100万人突破を達成した。
配給の東映が同日、発表した。それまでの記録は「ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」(寺本幸代監督)と
米映画「シュガー・ラッシュ」が記録した9日目だった。

東映は、好調の要因を「春休みということもあり、平日もファミリー層が多く見られる中、往年のファンからの支持に加え、
10~20代前半の女性同士の観客も見られることから、新たな層への広がりがうかがえます」と分析している。

[2013年4月4日20時52分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130404-1107694.html

|

« 探検ドリランド -1000年の真宝- | トップページ | 春 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

聖闘士星矢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 探検ドリランド -1000年の真宝- | トップページ | 春 »