« 持ち帰りました | トップページ | 全10話でOKじゃね »

旧作と比較して引けを取らないな

終わり方が一応ハッピーエンドだから安心してみていられるけど、そうじゃなきゃ陰々滅滅な話ですよね。

そういう事で”とある科学の超電磁砲S第11話自動販売機”の感想です。

BS11は今週末の放送だからAT-Xで視聴していない人はこれから見れるぞ。

11話で美琴はほぼ実験施設を破壊して計画を終わらせて妹達を助けたと思っていたんだよね。ただ、その実感が無くて美琴自体も実感がなかった。

そんな非現実的な毎日を送っていた御坂美琴の前に当麻が現れた。

20130624reru

美琴は当麻を見て心の緊張が緩んだのが良いね。

ようやく日常が戻ってきた感じの美琴。

20130624reru2

そこで比較ですよ(笑)。

新作のsister'sでの黒子。

20130624reru3

なんか壊れています。

そしてこちらがインデックスの黒子。

20130624ind

まぁ、どちらが良いかは個人の好みだわな。

黒子が帰った後で美琴は非現実的な毎日に戻される。

”研修中”の妹達が美琴の前に現れたのだ。

インデックスよりもシスターズに台詞が多く足されていて、物語の保管が結構できていると感じます。

20130624reru4

そこで比較ですよ(笑)。

20130624ind2

5年で作画がここまで変わるか。

そして当麻とsister'sの再会シーン。

20130624reru5

新作は普通にシスターズが当麻を見ている感じですが、旧作はあからさまに見下した見方で当麻を見ています。

20130624ind3

一番違ったのが、レールガンは御坂美琴の視点で物語が進んでいるので当麻の視点で話が進んでいないという事です。

したがって新作作画のパンもろがありませんでした。

20130624ind4

第11話の結びも美琴は死ぬつもりでいるか軟禁される覚悟で終わっています。

当麻の視点だと同時刻にシスターズ御坂の死体を発見してしまっているのだろうか?

来週も目が離せないな。

某、この手のシリーズ物は結構好きで、分野は違うがマイケル・ムアコックのエターナル・チャンピオンシリーズで紅衣の公子コルムの中で起こった話がエルリック・サーガでまた出てくるとそういう流れだったのかと面白さを感じるのさ。

時系列に面白さを感じるのも”とある”シリーズの面白さなんだろうね。

|

« 持ち帰りました | トップページ | 全10話でOKじゃね »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 持ち帰りました | トップページ | 全10話でOKじゃね »