« プリキュア神のお導きか(笑) | トップページ | インプの修理の間 »

天才少女VS秀才少女

ワルキューレロマンツェの第四話「騎士の資格pride」です。

いや~茜が騎士になりたいと思った時のロリ茜いいですね。

設定だと生真面目な性格らしい。

20131103wr

その茜が天才少女のリサと私闘をするきっかけになったのは茜の考え方とリサとつるんでいるフィオナがバグの片づけをさぼろうとした事によるものだ。

貴弘はリサを見て噂の天才少女だと直感する。

20131103wr2

馬上のリサ。

無表情キャラですね。

20131103wr3

茜とリサのジョスト。

20131103033039

茜の槍筋を見た瞬間に見切ったリサ。

20131103033040

茜の槍を簡単に避けるリサ。

そしてリサの2ポイント。

20131103033041_2

普通に戦ったのでは勝てないことを直感する茜。

ここで茜は修行中の二段突きを出すしかないと思うわけだ。

20131103wr4

二段突きと言うもの茜の努力のたまものであろう。

まずは普通に一撃を出すのでリサは簡単に避けちゃうんだよね。

20131103033909

リサは後ろに避けてしまったから、ここで茜の次の突きを避ける事が難しくなる。

20131103033910

そこで茜は槍を一気に引いて次突きを茜に出すのだ。

でもさ、ジョストに使う槍って重さ何キロ?

新選組の沖田総司は三段突きと言う必殺技を持っていたというが。

20131103033911

ワルキューレロマンツェを見ていて、やはり真剣に試合するアニメは良いなぁと思う。

冗談みたいな鎧で真面目に試合しているものね、そこが良いんだよ。

20131103033912

しかも、サービスカットが多い。

某はサービスカットばかりのあにめは食傷気味なんだよね、現在放送中の某魔王アニメはそのおかげで見る気がしなくなった。

さて、どうやらと言うか当たり前だが騎士を目指すものは私闘を禁じているようだ。茜とリサの私闘を知った生徒会が決闘場所に向かっているという。

この私闘を生徒会が知るところとなれば、二人の夏の試合出場資格がなくなるという。そこで貴弘がとった行動は茜とリサの槍を叩き落とすことだった。

20131103034237

貴弘は大けがの後遺症があるものの元天才騎士であったとういう設定なので槍一振りくらいなら思うように動けるらしい。

20131103034238

う~ん、ここで貴弘はフラグをまた立ててしまうわけだ。

リサは間違いなく貴弘に惚れてしまいました。

20131103wr5

無表情少女が時折見せる表情に萌え。

おもしろいなぁ、ワルキューレロマンツェ。

円盤買おうかな。

次週は試合は無いらしい。

20131103wryokoku

美桜のバイト姿も見ものだが試合があった方がいいなぁ。

第四話のEDカードはヤスイリオスケさん。

20131103wredcd

エロ同人が多くてpixiv紹介できんわ。

 

|

« プリキュア神のお導きか(笑) | トップページ | インプの修理の間 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ワルキューレロマンツェ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プリキュア神のお導きか(笑) | トップページ | インプの修理の間 »