« 作画に力が | トップページ | 伊集院のラジオに赤バットの話が出て »

運賃について少し考える

いつもであれば730!の事を書くが今日は本日届いた円盤の事を書こう。

Amazonから光速電神アルベガスのDVDBOXvol.2とワールドトリガーBlu-rayvol.7が届いた。

20150908

Amazonと言えば、先日佐川がAmazonとの契約を切った経緯がなぜかニュー速に出ていた。

現在Amazonを配達してくるのはヤマトと日本郵便になっているが、間違いなく両社とも赤を出して請け負っているに違いない。

運送業の仕事をしていると分かるが運賃が安いと当然給料も安くなってしまうんだよね。

だから利益が出ないので佐川は手を引いたのでしょう。

Amazonを利用する側としては送料は安い方が助かるが自分がその運賃で働けと言われたらいやだな。

なにせ、日本郵便の庸車を経験したけど給料がメッチャ安かったからさ。

それでも定期便の仕事だとその仕事がずっと来るし、その定期便が終わっても次の仕事を回してくれるからその事業から庸車は手を引けないんだろうな。

日通は運賃値上げをしたというニュースがあったけどAmazonはどうなんだろうね。

もっとも、宅配便の運賃値下げ競争をした佐川とヤマトと日本郵便が自分たちで自分の首を絞めていた結果が今になっているんだよね。もっとも昨年あたりから運賃を値上げする運取り組みが始まっているけどな。

ちなみに某が勤めている会社も取引している会社に運賃値上げ交渉をしていて、運賃を上げてくれない会社は取引をやめていく方針だそうです。

よく、お客様は神様ですと言いますが疫病神や貧乏神も神には間違いない。

|

« 作画に力が | トップページ | 伊集院のラジオに赤バットの話が出て »

ショッピング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作画に力が | トップページ | 伊集院のラジオに赤バットの話が出て »