« 次の日曜日が | トップページ | 画伯リタイアしたままなのか »

ガルパン観た

ガールズ&パンッアー劇場場を今日ようやく見た。

なるほど、ヒットする訳だ。

その理由は若い衆(笑)は分からないだろうが、昔の冒険活劇のパターンを見事に踏襲している。

と言ってもわからないだろう。

4コマ漫画って起承転結で基本的に描くことが面白みだけどいがらしみきお以降の4コマ漫画はそれを無視していることが多い。

それが面白ければ漫画として成り立つから言う事は無いがここ数年の4コマ漫画はキャラの可愛さだけで書いていてオチが無いから成立しないことが多い。

劇場版ガルパンは見事に起承転結の”起”から観客を魅了しているから未だに劇場で再上映が止まないのだろう。

ただ、長野県のようにパヨクが強い土地柄ではその限りではない。

で、展開は男塾塾的(ジャンプパターン)にかつてのライバルたちが仲間となって戦うなんて超燃展開。

ヒットしない訳が無いなと鑑賞しながら見ていました。

しかも最後はキン肉マンよろしくの兄弟(姉妹)パワー。

監督は間違いなくジャンプ世代なんだな。

それでね、大洗学園の引っ越しの場面が出てきたでしょ。

某も引っ越しの荷物を運んだ事があるがこれがまた大変。

何が大変かと言うと一番大変だったのが東京のとある場所で当然トラックが停めるスペースなどない。

したがって4トントラックから2トンに積み替える作業をするのだが、これがまた2トンも止めるスペースも無い場所なのだ。

引っ越し受け会社が荷の受け渡し場所を確保しているのであれば問題は無いが世の中そうなうまくいかないんだな。

今までで一番なんだ?この仕事を思ったのは仙台の青葉区に引っ越しの荷物を持って行くアートの仕事で、引っ越し作業の時間が午後2時なのに荷主のクソボケが午後2時に伺ってもいやしない。

結果引っ越しの作業が出来たのは午後4時前から。

原因は荷主が買い物に出かけていたたためだ。

こういう場合、引っ越し業者は違約金を荷主からとって良いと思う、なにせ、たいていの引っ越し業者は一日に何件も引っ越しの業務を行うからだ。

当然、某もその仕事が終わるのは午後6時前だから帰り荷も取れない。

庸車の保証も取って良いところだ。

話しはかなり逸れたが劇場版ガルパンは結構楽しめました。

今TV放映中の某戦艦アニメと違って細かいところまでこだわっていたからな。

なにせ、日本陸軍の冗談みたいな戦車チハたんの特徴をよくここまで生かしたなと。

約2時間のアニメがあっという間に観終わってしまった感があります。

ジャンプがさ、一部地域では発売日が異なると言っているでしょ。

発売が早いのを一部と言うのはどうかと思う。

|

« 次の日曜日が | トップページ | 画伯リタイアしたままなのか »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次の日曜日が | トップページ | 画伯リタイアしたままなのか »