« 関智一が天才と感じたアニメ | トップページ | 竹達と悠木で »

オッサンにはピンとくることが多かった

「AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」がTRIP13「AKIBA'S LAST TRIP」で最終回を迎えた。

全話通しての感想は、イヤホンズが出ていたし、ノリがロボガだったし、昔からオタクだった向け人ネタ満載だったから楽しめたアニメだった。

20170330akb

でも円盤は買う予定が無いなぁ、なんでかと言うと繰り返し見るほどの内容でもないから。

どちらかと言うとイヤホンズ関連のCDとか音楽をituneでダウンロード購入した方でした。

挿入歌の喜びの歌はこの最終話を見た後ですぐにダウンロード購入したしね。

20170330akb2

しばらく通勤の間は「ヨロコビノウタ」を繰り返し再生すると思う。

20170330akb3

で、最終回のおっさんホイホイはなんといっても間違いなくモデルがゲーマーズカフェであろうゲーオタカフェ。

ボードの絵柄が90年代アニメの代表絵柄”ことぶきつかさ”の絵になっていて、ボードのイラストの吹き出しの語尾が「にょ」になっている。

20170330akb4

20年前と言うとまだ長野市にゲーマーズがあったころだ。

長野市のゲーマーズはタワーレコードの4階に有ったんだっけ?今は両方とも長野市から撤退してしまったけど。

20年前かぁ、バリバリの現役オタクだったな。もっとも、今もオタクを引退していないがな。

書いている事はちょっとカッコいいように感じるが、内容はダメ人間進行中と言う事じゃねえか。

それと某は原作のウィングマンの最終回のオマージュ?と感じたんだが、偶然かな。

タモツとまとめが巨人となって戦うシーン。

20170330153322

原作のウィングマンって最終回はアニメと違って巨大化して戦うんだよな。

これもおっさんホイホイだな。

それとまとめとうらめ姉妹って最後はラブコメにして終わらせるためのキャラだったのかな。

20170330akb5

でもまとめはこれからタモツと一緒でもうらめはずっと一人ぼっちなんだよね。

最後は100年後の未来からにわかとアホカイネンが二人を迎えに来るのだが、20年くらい前はこういうラストのアニメが多かったような印象がある。

20170330akb6

一番覚えているのが「魔法少女プリティーサミー」で一件落着したと思ったら、別の惑星で阿重霞が侵略を初めてそれを退治しに地球を飛び出す終わり方。

あれ?そう考えると10年前だけが大空魔竜ガイキングLODの最終回もそんな終わり方だったな。

戦いはまだ続くとかお祭りはまだ続くて黄な終わり方。

|

« 関智一が天才と感じたアニメ | トップページ | 竹達と悠木で »

AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

長野県」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関智一が天才と感じたアニメ | トップページ | 竹達と悠木で »