« 物騒だね最近 | トップページ | 関智一が天才と感じたアニメ »

普通でした

アニメ鬼平第十二話「あきれた奴」に”のん”がゲスト出演すると言うのでどんなものかと関心を持って観てみた。

役どころは「おたか」と言う女性で旦那が実は元盗賊の一味でそれが故有ってまた盗賊をしてお縄になり、それを知った「おたか」は自殺を図ろうとした役どころ。

20170327oni

鬼平のクリエイティブプロデューサーである丸山正雄氏からの依頼で出演したという事だから、オファーによる出演である。

時にあまり聞かないクリエイティブプロデューサーってなんだ?

とググってみたら、どうやら宣伝を主にする偉い人の事のようだ。

丸山さんと言う人は「この世界の片隅に」で企画をしていたそうでそのつながりで「のん」を呼ぶことが出来たのだろう。

それで「のん」の声優としての価値だけど・・・普通だったな。

20170327onied

台詞も少なかったし、あえてこのキャラに「のん」を使わなければならない理由が感じられなかった。

言ってみれば話題作りじゃないのかな?と。

そうなるとゲスな勘繰りをすると「のん」は声優としては駆け出しだから、ギャラは通常1万5千円となる。

しかし、今回はオファーと言う形だろうから、ランク外扱いのギャラが支払われる場合がある。

岩田光央著声優道をぼちぼちと読んでいるがその中でタレントを起用する場合、製作費からじゃなくて広告宣伝費からギャラが支払われるとある。

クリエイティブプロデューサーが呼んだんだから広告宣伝費かな。

ああ、それで話の概要だが「走れメロス」だ。

廃墟が時代劇チャンネルで観ると言っているのでネタバレはほどほどに・・・すでに実写の時代劇でやっているエピソードにネタバレも無いと思うのだが。

|

« 物騒だね最近 | トップページ | 関智一が天才と感じたアニメ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物騒だね最近 | トップページ | 関智一が天才と感じたアニメ »