« どう見ても故小渕さんに見えてしまう件 | トップページ | あまりショックは無い »

大盛りに感じますが

今期もファンタジー系アニメが多い中で、「すかすか」はハズレかもしれないなと感じているところにもしかしてこっちは当たりかもと思っているのが「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」と言うアニメ。

これもタイトルの漢字が痛い読みかたをするアニメで、禁忌教典と書いて「アカシックレコード」と読ませるようだ。

「アカシックレコード」と言う言葉自体はググると出てくる言葉なので、そう言う意味でタイトルにこの文字を入れているかどうかは、よくわからない。

それでこの「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」は、結構と言うかかなり今まで売れていた漫画やラノベやアニメの売れ線を混ぜ込んでいる感じがする。

20170421roku

主人公のグレンという男性は相手の魔術を無力化する能力と言うか魔法を持っているが、これは言うまでも無く、あのマンガとあのラノベの要素を混ぜているなと。

更にこの主人公は「正義の魔法追加いになりたかった」と言うが、もしかして月型のアレですか?

しかも優秀な魔術師殺しだったとかの辺りはどう考えても月型のアレですな。

しかもこの主人公の師匠が不死の魔術師と来た日には・・・お前あのメガネキャラの師匠と同じ立ち位置かよ!と感じなくもない。

第三話の敵キャラが剣を浮かして戦うのも月型の某キャラを連想させるし。

そして実は廃棄王女だったという設定の女の子キャラまでいる。

20170421roku2

スクラップド・プリンセスと言うラノベが昔あってな、とツッコもうとしたら、同じファンタジア文庫でした。

昔は富士見ファンタジア文庫だったのが今はカドカワファンタジア文庫になっているけど。

金髪・碧眼の辺りもまともに狙っているな~と。

それにしてもこの魔法学校の制服は痴女でも養成しているのか?と疑いたくなるような制服だな。

20170421roku3

第一話で主人公のクソっぷりを見て、あ~ダメダメな主人公だが実はやるときはやる奴系かな?と思ったら、第二話で実は凄腕でしたという。

第二話で魔術詠唱は簡略化できるという事を生徒に教えたりとかして、実は呪文を唱えなくても魔術を起動させることができるのではないかと感じさせたりさせなかったり。

次の話しで三人目の女生徒が登場するみたいなんだが、多分・・・ルミアと言う廃棄王女を中心に話が進むような気がする。

20170421roku4

かなり某の好みのキャラです。

中の人は宮本侑芽ちゃんと言う女優さんで声優もしているというなかなかの働きっぷり。

とりあえず今のところラノベ系アニメで最後まで見て見ようかなと思っているのはこのアニメだけかな。

それにしても売れ要素を盛り過ぎじゃね?

|

« どう見ても故小渕さんに見えてしまう件 | トップページ | あまりショックは無い »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

カドカワ」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どう見ても故小渕さんに見えてしまう件 | トップページ | あまりショックは無い »