« 初見の番組 | トップページ | 6月だ »

安定の夏目6

安定の夏目と言うか、そんな言葉をよくネット上で目にする。

確かに話の内容が安心してみていられるほどの内容なのは確かだ。

夏目友人帳睦第8話「いつかくる日」は何かと面白い話しだった。

夏目が駅で声をかけた男子高校生風の生徒はやはり妖だった。

しかもカラス天狗系なのかも?

20170531natume

にゃんこ先生を見て白タヌキは神域の獣と勝手に思って、夏目からその生き物をよく見てと言われるところとか。

葵と言う名前からしてやはりカラス天狗なのだろうか?が葵を襲ってきた妖を追い払った後に感謝するところとか夏目の顔が面白い。

20170531natume2

葵の中の人は小野大輔。

葵は近々結婚をするという園川香と言う娘にしっかり会って別れを言うつもりだったらしいがこれは香の策略だったというのも面白い。

某はてっきり、香と言う娘が既に亡くなっているかもしくは妖を見る事が出来なくなっているパターンかな?と思っていたら、すごい形相でした。

20170531natume3

しかも結婚式の招待状をあおいが読んだと知ったら、「よし、掛かった」って結構な肉食女子だぁ。

今回の話しは今でも妖を見る事が出来る女の子と妖の恋の物語でした。

20170531natume4

この後の個人的予想だと夏目1期の時の展開だとホタルの時みたいに妖を見る事が出来なくなり悲しい思いをするパターン1もあるし、夏目2期の時の人魚の時みたいに年をとっても妖を見る事が出来るパターンがある。

この場合だと香が悲しい思いをする事になるが、どちらにしても人と妖の時間の進み方は違うので葵が一番悲しい思いをするのではないだろうか。

しかし、まぁ、まさかここにきて普通にラブストーリーとは恐れ入った。

今までの展開を予想していたら見事に裏を描いてくれたものな。

これが安定の夏目の秘訣かもしれない。

最後葵は権現様?に相当するオオタカ様に暇をもらいに行くのだ。

ほっこりと言うか、今回の話しだけでスピンオフの漫画やコミックが結構できそうな内容でした。

さすがは夏目友人帳だ。

香の中の人はみかこし小松未可子。

割と某の見ているアニメに出てこないと思っていたら、加こう出ていた。

最近では落語心中にもそれとソードオラトリアにも。

あまり某には関係ない中の人と思っていたが結構出ているのね。

長野市から歯周病検診案内のはがきが来た。

某くらいの年齢になると県から歯周病の検査を安く受けられる案内が届くのだ。

と言ってもそれだけの年齢なんだけどね。

でもどうした物か、歯医者に行くには予約しないとだめだし、某の場合は毎日リステリンでうがいをしているから歯周病の心配がほぼ無いんだよね。

冗談抜きで前にも書いたけど一年治らなかった口内炎がリステリンを使いはじめたら治ったからな。

その後も口内炎が出来た時も結構速いうちに口内炎が治った。

一応受けてみようかな~、でも余計なところを指摘されてその後通院することになるのも嫌だし。

さて、どうしたものか。

|

« 初見の番組 | トップページ | 6月だ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初見の番組 | トップページ | 6月だ »