最近のトラックバック

« 今年はあまり取り寄せない事に | トップページ | 休載のお知らせって事前に載らないの? »

この手の話に弱い

『ゲゲゲの鬼太郎』第69話「地獄の四将 鬼童伊吹丸」

今朝放送のゲゲゲの鬼太郎、古谷徹さんが出るというので話題にはなっていたようだ。

酒呑童子の息子の鬼童伊吹丸としてでました。

 

伊吹丸がまなに関心を寄せたのはどういうことなんだろう?と思って見ていたら、なんとそこには悲しい物語が関わっていました。

20190818kitaro2

昨年放送された名無し編と言っていいのかな?でまなが夢に見た大勢の人たちに襲われて殺されてしまう夢は伊吹丸の過去の出来事でした。

まぁ〜某はこういう物語に弱いのよ。

人を家畜としてか見ていなかった酒呑童子一派の中で伊吹丸は虐げられようとも屈しず、それどころか周りの人心を集めていた人間の女性『ちはや(中の人山崎和佳奈さん)』に惚れてしまい山間に落ち延びたという物語。

名探偵コナンで言うと、安室が蘭姉ちゃんと駆け落ちする様な話。

だけど、幸せな生活もつかの間伊吹丸が留守にしていた間に里が豪族に襲われて伊吹丸と生活を共にしていた人たち全員が殺されてしまった。

なんか、デビルマンの原作を思い出すね。

里に戻った伊吹丸が見たものは伊吹丸にこれ見よがしに置かれた”ちはる”の首級(みしるし)だけだった。

そして伊吹丸は復讐心にかられて一国一つを焼き尽くしたのが地獄に1000年間囚われることになった理由だと言う。

そしてまなを依代に”ちはる”の体を探してやっと見つけたそうな。

20190818kitaro1

なんともやりきれない話だなと。

日本人はこの手の話し”忠臣蔵”に代表される様に復讐に美学を見るからね。

でそれだと延々に殺し殺されと言うのが続くことになる。

それに仏教の教えには人を殺してはいけない人を恨んではいけないと言うのがあるから神に近い存在の伊吹丸が人を殺しまくったとなると閻魔天さまも黙ってはいないわな。

20190818kitaro3

ちはるを成仏させた後は大人しく縛に付いた悲しい話し。

地獄の四将の残りの二妖怪だから前後編を覚悟していたんだけど、うまいこと1話にまとめたなぁ。

それと悪妖怪なのになんかカッコイイ妖怪になってたし。

 

次は玉藻前。

どうやらチーでは無い様だ。

大抵のエロゲで白面金毛九尾の狐はボインボインに描かれているけど、鬼太郎6期はどうなるかな。

胡散臭そうな中国人風にはならないとは思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

Mac5日目。

超A &Gを録音するソフトとしてApowersoftの録音ソフトを選びました。

ラジ録は試用版がインストール出来なったので、試用版がインストール出来ないのでは製品版も怪しいなと言うことでApowersoftのにしました。

ただ、このソフトは変に精度が良くて録音したいウィンドウを閉じると音が出ていても録音を休止すると言う面が。

だから録音中に別枠を開けて作業することができない。

とりあえず1ヶ月分だけ使って見て具合が良ければ一年分の使用権を買おうと考えている。

その一年の間に日本のソフトメーカーがいい録音ソフトを出してくれればいいんだけど、そうはいかないだろうな。

« 今年はあまり取り寄せない事に | トップページ | 休載のお知らせって事前に載らないの? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

鬼太郎」カテゴリの記事

アリスソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年はあまり取り寄せない事に | トップページ | 休載のお知らせって事前に載らないの? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

カテゴリー