最近のトラックバック

« 残るはネット配信型ラジオ | トップページ | 復旧はこれからだな »

何事も無かった

昨夜から降り始めた台風19号による大雨で千曲川は何十年んかぶりに氾濫した。

某の住んでいる地域はスーパー堤防になっていたからまだ良かったようだが、河川事務所のカメラを見てみると堤防から川の水があふれんばかりになっていました。

だけど、これだけの川の流れだとどこかしらか水があふれてくる。

朝起きると堤防から溢れ出した千曲川の水で自宅前の景色が一変。

201919131 291810132 201910133

すごいな。

TVを付けてみると長野市の長沼で堤防が決壊したと言っている。

長野市というか千曲川沿いの堤防で所々から川の水が溢れ出して酷いところは二階まで浸水したとか。

長野市で千曲川が氾濫したエリアを聞いていると某女性声優の実家ってこの辺りじゃ無かったっけ?と思える地域も。

本人がTwitterをやっていないから分からないけどね。

それから一寝入りして起きると川の水がほぼ引いていました。

201910134  

うん、我が家は被害がなくて何よりだ。

後被害になるのかどうか分からないが、アマゾンにレンジャーに付けるドラレコを注文しておいたんだ。

ところが販売業者から電話が掛かってきて、ヤマトが長野行きの荷物の受け取りを停止していて商品を発送できないという電話が掛かってきた。

そういえば、長野市のクロネコヤマトのデポってアップルライン沿いにあるんだったな。

長沼で千曲川の堤防が決壊してあれほどの洪水になっていたからあの辺りも無事では済まなかったという事か。

荷物の受け入れができないという事だからそういう事だろうな。

まぁ、ドラレコは別の機会に買えば良いか。

そんな台風一過でした。

 

 

 

 

 

 

 

ゲゲゲの鬼太郎 第77話「人間消失!猫仙人の復讐」。

かなり社会の問題に入り込んだ回でした。

ペットの多頭飼育崩壊やペット虐待などに切り込む猫仙人の話し。

20191013kitaro1

原作は猫仙人が猫を使って人を襲うという内容でしたが、アニメ6期は猫仙人がわの正義に基づいて人を襲っている話になっていました。

多頭飼育崩壊。

ここ最近耳にする言葉になってきて”志村動物園”や”NEWSなふたり”でも取り上げられたので知る人は増えていると思う。

猫たちにそんな酷い扱いをしている人間をネコ仙人は捕まえてきて同じ目に合わせているという話の流れ。

20191013-kigtaro2

だが、ネコ仙人はペットを大事にしている人たちですら同じ人間だという理由で猫に変えてしまっていた。

猫仙人から現在ペットとして売り物として買われ育てられてる状況を喜太郎たちに伝える。

迷うねこ娘。

某的には猫仙人を倒す事はしなくても良いと思うが、そうはいかないんだろうな。

喜太郎たちに助けられた途端にモンスター化する人間たち。

20191013-kitaro3

いや、マジでお前ら死んで良いよ。

なんとも思いテーマのゲゲゲの鬼太郎77話。

鬼太郎たちを救ったのは人の姿に戻れて助かった老婆の姿だけであった。

20191013-kitaro4

まぁ、もしモンスター化した人間たちを鬼太郎たちが懲らしめる展開だったら話しの重さがが違うところに行っちゃうからな。

ホンに鬼太郎6期は社会的な問題を織り込む話が多くて良いね。

« 残るはネット配信型ラジオ | トップページ | 復旧はこれからだな »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鬼太郎」カテゴリの記事

アリスソフト」カテゴリの記事

長野県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残るはネット配信型ラジオ | トップページ | 復旧はこれからだな »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー